まちの子育て支援概要 〜調布市編〜

新宿から特急で15分という通勤に便利な立地と、緑に恵まれた環境の良さで子育て層へのイメージも良好な調布市。市が行ったアンケート(*)では、96%以上が「子育ては楽しい」(とても楽しい45.2%、まあ楽しい51.1%)、と答え、32.9%が「調布市を子育てしやすいまち」だと答えています。自治体の子育て支援事業にも地域の特色が感じられます。

*調布市「平成24年度子育て支援アンケート結果」より

身近なテーマの子育て講座を開催!「エンゼル大学」

imagephoto width=300

エンゼル大学は、子育て支援のさまざまなサービスを行う施設「調布市子ども家庭支援センターすこやか」の事業のひとつ。子育てに関する講座を定期的に開催しています。離乳食などの乳幼児の食や健康、パパの育児参加など身近なテーマをわかりやすくとりあげています。保育付きの講座もあります。

「調布市子ども家庭支援センター すこやか」の詳細はコチラ

公立保育園全園で育児相談実施中!

imagephoto width=300

子育てに悩んだり、困ったりしたときに、身近な公立保育園に相談できたら心強いと思いませんか。調布市では公立保育園全園で育児相談を受付けています。お子さんが保育園に通園していなくても相談できます。(相談時間:毎週月曜日〜金曜日 13時〜16時まで)

保育園での育児相談の詳細はコチラ

小学生のための放課後遊び場対策事業「ユーフォー」

imagephoto width=300

1年生から6年生までの小学生が学校施設を利用して、異年齢の子ども同士が交流しながら放課後に安全に自由に遊べるようにつくられた居場所が「ユーフォー」です。各校で平均約7割の児童が登録し、専門の職員や仲間たちとの時間をユーフォーで過ごします。平成12年度にスタートし、24年度末までに市内の全20校で開設。夏休み、春休みも一定期間の利用が可能。

「ユーフォー」の由来は、「友だちと夕方まで優しく遊ぶ」の「友」、「夕」、「優」、「遊」の「ゆう」が4つという意味。

放課後遊び場対策事業「ユーフォー」の詳細はコチラ

その他、調布市の子育て支援制度

[妊娠・出産]

妊婦健康診査

こんにちは赤ちゃん訪問(新生児訪問)

乳幼児医療費助成制度

もうすぐママ・パパ教室

入院助産

[子育て]

ベビーシッター利用料助成

お子さんに関する手当・医療費助成制度

託児(子どもを預けたい方)

子育て交流

保育園での一時預かり事業

病児・病後児保育事業

ファミリー・サポート・センター

[教育]

就学・教育相談

子ども体験塾

「調布市防災教育の日」の制定

読み込み中