まちの子育て支援概要 ~杉並区編~

子育てや教育にやさしい地域という印象のある杉並区。「子育て応援券」というオリジナルの取組みもあり、子育て層は増加傾向のようです。自治体の「子育て支援」についてご紹介しましょう。

待機児童ゼロを目指して

imagephoto width=300

杉並区では、平成26年4月までに待機児童ゼロを目標に、「待機児童対策緊急促進プラン」を策定。認可保育所(*)などの新設により保育定員を増やすとしています。また、認可保育所の保育料の公平化と認可外保育所の保育料補助制度の見直しを図るとしています。

「待機児童対策緊急推進プラン」の詳細はコチラ

*認可保育所‥‥児童福祉法に基づく児童福祉施設で国が定めた設置基準(施設の広さ、保育士などの職員数、防災・衛生管理など)を満たし都道府県知事に認可された施設のこと。

杉並区だけのオリジナル!「子育て応援券」

imagephoto width=300

就学前の子どものいる家庭に、子育て支援サービスなどに利用できるチケットを交付する杉並区独自の事業。対象は、区内に就学前の子どもと一緒に住んでいる保護者で所得制限はなし。0〜5歳児(出生時を除く)の子どものいる保護者が購入価格一冊3,000円で10,000円分の応援券を年間2冊まで購入できます。出生時用(40,000円)と0〜2歳児用(20,000円)に無償で年1回交付される応援券は、保護者が区内に3か月以上居住していることが要件。右の写真は、毎年発行の「杉並子育て応援券ガイドブック」。応援券で利用できるサービスが掲載されています。

「杉並子育て応援券」の詳細はコチラ

「ひととき保育」と「つどいの広場」で子育ての息抜きタイム!

imagephoto width=300

保護者が通院やリフレッシュしたいときなどに短時間保育をする施設が「ひととき保育」。区内に11カ所所あり、対象は、生後6カ月(施設によっては生後3カ月)から就学前の杉並区在住のお子さん。予約は、利用日の1カ月前からで、同一月内に10回まで利用可能(利用料:1時間600円~800円/子育て応援券利用可)。
また、0歳~乳幼児と保護者が気軽に遊んだり情報交換などができる「つどいの広場」も区内に5カ所あり、子育てママたちの交流の場として人気のようです(利用料:1回100円)。

「ひととき保育」と「つどいの広場」についての詳細はコチラ

読み込み中