地域の活動団体インタビュー 杉並区編 ~NPO法人ちぃきちぃき~

子どもの成長を一緒に見守ってくれる仲間や、気軽に悩みを相談できる相手が身近にいるだけで、地域の子育てがより一層楽しくなるのではないでしょうか。子育て世代の保護者と子どもたちのための活動を続けている地域のNPOなどの団体の取組みをピックアップしてご紹介します。

NPO法人ちぃきちぃき
「ひととき保育」でお母さんにほっとできる時間を

imagephoto width=300アレルギーや障害のある子どもも対応可なので、事前に相談してみて

「ちぃきちぃき」は、杉並区の子育て支援の取り組みのひとつである「ひととき保育」を受託し、「ひととき保育方南」(杉並区方南町)を2008年から運営。日当りのよい民家の一室で家庭にいるような雰囲気のなかで預かってもらえます。

imagephoto width=200

ひととき保育は、保護者の通院やきょうだいの学校(園)行事や保護者のリフレッシュのためなどの理由でも保育可能なのが特長。「ひととき保育に短時間でも子どもを預けることで親がフーッと息を抜けて、より子育てを楽しめるようになってほしい」と理事長の瑠璃川正子さん。子育て応援券利用可。

「リトミック」で、楽しい音楽と親子のふれあいを

imagephoto width=300「同世代の親同士の出会いがあるのが楽しみ」というお母さんの声も

荻窪と桃井で開催中のちぃきちぃきのリトミック。リトミックの語源は「Eurhythmics-良いリズム」。スイスが発祥の音楽教育法で、精神の豊かさや人間性を培うことにもつながります。

imagephoto width=300

音楽にあわせて体を動かしたり、講師の呼びかけにあわせて楽器を鳴らしたり、子どもが反応する様子を見ながらお母さんたちもリラックスした笑顔に。同団体理事で講師の中島陽子さんは「言葉がわかる3歳以上になると、より子どもの理解度が深まるのでそのくらいの年齢の子どもにも来てほしい」とのこと。子育て応援券利用可。

NPO法人ちぃきちぃき プロフィール

imagephoto width=300写真左から瑠璃川 正子さん、梅原 桂さん、青柳 聖枝さん、浦 祥子さん

杉並区主催「すぎなみ地域大学 地域で子育て支援コース(2006年)修了生により2006年結成。2007年にNPO法人化。リトミック教室、ひととき保育の他、子育てきずなサロン、おもちゃ図書館、お菓子づくり教室など親子のための多彩や活動を杉並区内各所で続けています。各活動についてくわしくは、団体ホームページをご覧ください。

特定非営利活動法人ちぃきちぃき

読み込み中