練馬区立開進第三中学校

練馬区立開進第三中学校

1947(昭和22)年に都立第四商業高等学校を仮校舎にして開校された「練馬区立開進第三中学校」。当初は板橋区立の学校であったが、同年に練馬区が板橋区より分離・独立したことにともない、練馬区立の中学校となった。

「開進」という校名は「開智以進徳 (智を開き以って徳に進まん)」という言葉に由来しており、現在も「たくましい人」「考える人」「心豊かな人」「助け合う人」を育ているという目標を掲げ、教育活動を行っている。

学習指導、生活指導などの基本的な教育活動に加え、国際理解教育や生徒会活動、専門委員会活動など、生徒が主体的に取り組む教育プログラムが充実している。在籍する生徒たちは、これらのプログラムや学校行事に主体的に、楽しんで取り組んでいるということだ。

また、公立学校では比較的珍しい「二学期制」を採用していることが大きな特徴と言える。二学期制の教育課程編成により、「学びの連続性」の確保や「きめ細かな学習指導および進路指導」の強化が可能になり、未来を担う生徒たちの可能性をさらに広げるべく、指導に余念のない中学校だ。

読み込み中